福祉用具専門相談員 資格

福祉用具専門相談員の資格を取る!

福祉用具専門相談員 資格

福祉関係に勤めていて資格が欲しい!けど、何を取ったら良いかわからない…という方や、将来役に立つ資格が欲しい方、介護の仕事をしたい方、介護の仕事をしていてスキルアップがしたい!という方福祉用具専門相談員の資格を取ってみませんか?

 

この資格を持っていると、大まかな説明ですが「福祉用具や介護用具について専門的なアドバイス」ができるようになります。それだけを聞くと「あまり大した資格じゃないんじゃ…」と思われがちですが、これが思いのほか重要で役に立つ資格。

 

福祉用具専門相談員の取得方法

福祉用具専門相談員の資格を取るには、都道府県が指定した福祉用具専門相談員指定講習を受講し、所定の課程を修了する必要があります

 

各指定研修機関によって違いはありますが、講習のスケジュールは40時間のカリキュラムを最短5日で修了して、無試験で資格が取得できます。カリュキュラム例としては人保健福祉制度の概要、介護保険の基礎知識、高齢者等の心理、医学の基礎知識、介護場面における福祉用具の活用、リハビリテーション概要、介護技術、福祉用具の活用に関する実習などとなっています

 

実習があるわけですから、通信講座のみでは取得することはできません。講習会場に通学することが必須となります。

 

資格の取得制限はない!

 

この資格をおすすめするポイントとして、資格の取得制限がなく、どなたでも指定講習を受講さえすれば取得できるという点があります。

 

受講者は福祉用具貸与事業所や、福祉用具販売事業所に勤めている従業員の方が多いですが、将来の就職活動に備えて取得する方も増えています。その他、家族に介護が必要な方がいる場合など、様々な理由で福祉用具専門相談員の資格を取得されています。もちろん学生の方でも取得できます。

 

指定講習は

 

全国各地で開催されていますので、お近くの研修機関で受講することが可能です。専門的な福祉用具に触れて、扱い方や選定のポイント等を学びましょう。介護保険制度では、福祉用具貸与が保険給付の対象となっているため、指定福祉用具貸与事業所には常時2名以上の「福祉用具専門相談員」を配置することが義務づけられているため、需要は高いと言えます。

 

ちなみに介護福祉士、社会福祉士・保健師・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・義肢装具士およびホームヘルパー2級以上の資格保持者については、指定講習を受けなくてもその資格自体が「福祉用具専門相談員」の要件として認められています。

 

したがって、福祉用具専門相談員指定講習を改めて受講する必要はありません。

福祉用具専門相談員の資格おすすめポイント

  • 通学するだけで誰にでも取得可能!試験もなし!
  • 将来役に立つ可能性が高く、実用的!
  • 介護業界を目指している・働いている方なら、講座を受けるだけで簡単にスキルアップができる!

まずは資格の無料資料請求から

福祉用具専門相談員の講座は様々なスクールで提供されています。それら全てを調べて資料請求をし、さらに比較して…となると、それだけでもかなり面倒な作業です。そこでおすすめなのが、資格の資料請求を一括で行える「ケア資格ナビ」というサービスです。

 

ここは介護・医療・福祉系の資格に強い資料請求サイトで、お住まいの地域のスクールを一覧で比較することができます。もちろん利用は無料ですので、少しでも費用を安くしたい・条件が良いところで受講したいという方は、ぜひ利用してみて下さい。

 

まずは無料の資料請求

福祉用具専門相談員 資料請求

 

 

福祉用具専門相談員の費用をなるべく抑える

福祉用具専門相談員の資格取得費用は、「ケア資格ナビ」を利用すれば簡単に調べて比較することが出来ます。最安値やスクールの条件なども一目でわかりますし、利用も無料なので活用してみて下さい。

 

一括資料請求をすると、およそ1〜3週間程度で学校から資料が届きます。講座は通学のみとなっています。実際にケア資格ナビにある、福祉用具専門相談員講座の例を見てみましょう。

 

介護教室ケアマイスター錦糸町教室

5日間の短期間で取得可能な講座です。修了証は最終日に発行してもらえます。費用は33,480円(税込)でテキスト代、修了証代すべて含んでます。おそらくケア資格ナビにある福祉用具専門相談員講座の中では、一番安いかとおもわれます。

 

未来ケアカレッジ

全国展開している福祉系の専門学校です。振替システムがあるので、万が一講座を休んでしまっても大丈夫。理学・作業療法士を中心とした講師陣から、福祉用具の活用方法を学べます。費用は35,640円(税込)で、テキスト代含む。

 

日本キャリアパスアカデミー

さいたま市にある資格の学校。平成22年設立の比較的新しい学校です。費用は32,940円(税込)、別途テキスト代3,780円(税込)。

 

ヘルスケアサポート ハクビ

就業相談等の進路サポートが充実しているところです。費用はテキスト代を含んで37,800円(税込)。

 

このように福祉用具専門相談員の認定を得られる全国の学校を、ケア資格ナビなら簡単に比較出来ます。あなたのお気に入りの学校を見つけましょう!

 

ケア資格ナビってどんなもの?

ケア資格ナビは、年間100万人以上が利用している介護・福祉・医療資格の講座比較サイトです。全国の厳選スクールを地域別に、費用や期間・講座内容等で比較することができます。

 

福祉用具専門相談員 ケア資格ナビ

 

福祉用具専門相談員のカリュキュラム

 

老人保健福祉制度の概要、介護保険に関する基礎知識、高齢者等の心理、医学の基礎知識、介護場面における福祉用具の活用、リハビリテーション概要、介護技術、福祉用具の活用に関する実習、などの項目を学習していきます。実際に資料を取り寄せてみて、どこが良いかじっくり比較しましょう。

 

介護が必要な高齢者や障害のある方が、介護保険の制度の下で福祉用具を求める場合は、必ず福祉用具の専門家に相談する必要があります。福祉用具専門相談員は、利用者が可能な限り自立した日常生活を送れるように、心身の状況・置かれている環境等を正確に理解し、適切に器具選びの手助けや取り付け、調整等を行います。

 

これは大変重要な役割で、福祉用具の選定のプロフェッショナルとして今後の活躍が期待されています。

 

資格は最短5日で取得可能で、資格試験もなし。ですがこれからの超高齢化社会において、その需要はますます増えると考えられています。より選ばれるサービスを提供したい、ケアマネージャーを目指している、福祉用具関連の会社に就職したい、家族の介護で福祉用具を扱う、といった方にもお勧めの資格です。

 

まずは無料の資料請求

福祉用具専門相談員 資料請求

 

 

 

<PR>整体師 資格


inserted by FC2 system